img_5_1446360872_dBhXZRRo

img_4_1446543951_7UDzfraS
img_2_1446184098_Su4Qcqjl
AXr6kMWV

<<店名>>花物語
<<場所>>鶯谷ラブホ
<<料金>>120分30000円
<<投稿者>>二階幾三
<<女性>>うたこさん


初投稿です。
37歳 建設会社役員です。


別にムシャクシャしてたわけでも、判断力が鈍ったわけでもなんでも無かったのだが、
『初めてのお店にいって、素直にそのお店のルールに従いたい。』といった新しい欲望が急に湧いた。

仕事でも、セックスでも、一切の命令を受け付けないドSだから、
リバウンドが起こってしまったのかも知れない。

風俗の経験も人並み以上にはあると思うし、知識も豊富な方だったと思うのだが、
しっかりお店選びをするタイプな分、今回は直感で選びたいという普段と間逆の衝動が起きた。

有名ポータルサイトでの検索も否定した私は、怪しい広告が居並ぶ、
『本家三行広告』というサイトで選ぶことにした。

暮れも押し迫る師走の真っ最中。
私は、【NH系 肛白歌合戦】と書かれた広告を目にした。

馬鹿なことを本気で言うタイプに魅かれるタイプの私は即決。
HPへ飛ぶと、最近よく見かけるお店スタッフとのチャット機能が搭載されている。

おいおい・・・。鶯谷のお店にしてはIT化されてるじゃあないか。
不躾にオススメの女性とコースを聞いて従おう。それが今回の私のルール。

オススメの女性はうたこ
コースは120分を勧められた。

120分・・・。この店分かってる。
私の経験則ですが、風俗は100分以上が楽しい。

オススメの女性は44歳。体型は全くの射程圏外。
だが従おう。それが今回の私のルール

平日の午後にじっくりヌクのが私のルール。
早速翌日の予約をメールで済ます。ここまで一切の電話が無くスムーズである。

そして当日。
ホテルでHPをおさらい。

マンガでお店オススメのプレイが説明してあるじゃあないか。
これにしよう。

まずは即尺。
必ずシャワーを浴びてから派の私は即尺は実は初めてだった。

しかし何だろう。年齢を重ねた女性のチ○コの取り扱い。
この分だと60歳くらいになったらマスターの称号モノだよ。

ペンネームどおり私は必ず2回射精しないと気がすまない・・・
おっと、マンガでも2回射精だったから従うだけか。

大好きな口内発射を済ませ、賢者タイム。
あえて話しかけてこない優しさが嬉しい。

2回目はマンガにあった、『最高のAF』
いったいなんなんだこの店。

経験豊かぶっている私だが、実はAFも初体験。
アナルは舐められるだけでいいだろうと思っていたタイプだ。

しかしどうだろう。この『最高のAF』
ア○ルに挿入したチ○コを前から入れたバイブで振動させる。

粘膜越しの振動。
女性側からすると2穴同時挿入。

女性の快楽値も、私の快楽値も極限に達した時。
私は2回目の射精を一切無理することなく終えた。

『お店のいう事を聞いてみる』
1年に2回くらいはその立場で遊んでみるのもいいかも知れない。

ホテルを出ればまたいつもの自分。
だけど、ここにくれば違う自分に会える。
そんな事を思いながら、山手線に乗りました。